エステの歴史

日本国内においては、古くは明治時代より行われていた「美顔術」と呼ばれる女性向けのフェイシャルケアがエステの発端とされる。時代を通じて女性の美の追求は行われていたが、国民所得にゆとりができた1970年代から特に盛んになり、顔に留まらず、全身マッサージ、脱毛など様々な行為と同時に、美容に留まらずリラクゼーションも提供するエステティックという言葉が広がったと考えられる。


1996年 日本エステティック協会、日本エステティック業協会の2団体による日本エステティック連合が発足。2006年現在は業界7団体(外部リンク参照)に特定非営利活動法人 エステ被害等相談センターが加わった計8団体が加盟。

1999年 日本エステティック連合による美容電気脱毛技能検定試験がスタート。

2002年 日本標準産業分類に登録。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。